2005年11月21日

「かしのきホテル」

kashinoki.jpg かしのきホテル
作:久保 喬
絵:駒宮 録郎
出版社:フレーベル館
価格:1,050円

タイトルを見た途端、
懐かしい記憶がよみがえってきました。
子供の頃、とても好きだったお話「かしのきホテル
私が読んでいたのは、確か絵本ではなく童話だったと思います。
数十年の間、手に取ることもなかったこのお話を
どこかで覚えていたのも、このお話の持つ大きな心が、
子供心にインパクトがあったのでしょう。

このホテルは どんなおきゃくも
 くべつをしないで とめますよ


そんなかしのきホテルには、
いろんな虫や鳥達がたくさん泊まっています。
みんなただで泊めてもらっているのです。
それなのに、わがままなお客さんは

ここは あめがもるよ
 すきまかぜもはいるよ


小言を言ったり、
汚い身なりの鳥や虫がくると
きれいな鳥達がいやがります。

そしてみんな新しく出来た
「かばのきホテル」や「もみじホテル」へ
引っ越していきます。

結局は、みんな戻ってくることになります。
悪口を言ったことなど無かったことのように・・

でも、何一つ文句を言わず
暖かく受け入れる「かしのき」の大きな広い気持ちが、
対照的にとても心に残ります揺れるハート

その時その時で、どちらの立場にもなりえると思います。
いつも大きな気持ちを持っていられたらと
改めて自分を振り返りました。
posted by 萌ぴょん at 09:16| Comment(26) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。