2005年08月09日

「うたうしじみ」

utaushijimi.jpg うたうしじみ
作・絵:児島なおみ
出版社:偕成社
価格:¥1,050

しじみの絵本ってめずらしいなぁ・・と思い
図書館で借りてきました。
これが、とてもかわいくてやさしくて素敵な絵本です黒ハート

「ある日、魔法使いは、夕食に食べようと
 しじみをかってきました。
 夕食のしたくをしていると
 しじみたちが、プチプチと
 いびきをかいてねています。
 そしてときどき小さなからだを
 満足そうに動かしています。」


そして魔法使いは、ぐつぐつ煮えたぎったダシの中に
しじみを入れてしまうことが出来なくなってしまいます。
そして同居猫のトラジに
「こんばんもまた、実なしのみそ汁じゃ」
舌打ちされてしまうのです。

そうか・・あのプチプチはいびきだったのねexclamation
そして時々カタッと動いたりするのは
そーいえば満足そうで安心しきっているよう。。

娘としじみの歌を「プチプチ プッチプチ・・」と歌いながら
繰り返し読んでいます。

児島なおみさんは、児童書で私の大好きな柏葉幸子さん作
大おばさんの不思議なレシピで挿絵を描かれていて
とてもやわらかで丁寧に描かれた絵が素敵でした。

posted by 萌ぴょん at 10:39| Comment(4) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく楽しそうな本ですね。見つけてみなくっちゃ。でも、しじみの味噌汁大好きなんですが…食べられなくなったらどうしましょう(笑)
Posted by ぱいぽ at 2005年08月13日 16:38
是非、読んでみてください♪
思いのほか、娘は気に入っています。
これを読んでからまだしじみの味噌汁は作っていませんが、どんな反応を示すかしら・・・?!
かわいそうで食べてくれなかったらそれもちょっと困るなぁ・・・★
Posted by 萌ぴょん at 2005年08月14日 21:25
こんにちわ!はじめてコメントさせていただきます。でも以前からちょくちょく寄らせていただいてました。
仕事がら(小学校の図書室に生息しているので)参考にさせていただくことが多かったのですが、ステキな本がたくさん紹介されているので、いつもウットリしておりました。
しじみさんいいですねー。昔しじみを飼ってる女の人の小説を読んだことがあります。
昨日「片山健」さんの原画展に行ってきて、そこで「アマガエルとくらす」という本を買いましたが、しじみと暮らすのもステキかなあ、と思いました。
Posted by Helenaヘレナ at 2005年08月22日 17:01
Helenaヘレナさん、いらっしゃいませ♪
ちょくちょく寄っていただいていたとは!ありがとうございます^^
わたしも、あちこち絵本のblogを旅しますが、知らない絵本がまだまだいっぱいです!
いつも本に埋もれていられる図書館にお勤めとはうらやましいです☆
しじみさん、結構いいですよー!是非!
Posted by 萌ぴょん at 2005年08月22日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■『うたうしじみ』児島なおみ
Excerpt: GW、潮干狩りなど楽しまれた方もいらっしゃるのでは?潮干狩りといえば「あさり」ですが、こちらはタイトルからもわかるように「しじみ」です。 しかも、しゃべります、泣きます、歌います(^^)。なかな..
Weblog: 絵本日記
Tracked: 2005-10-22 10:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。