2005年08月30日

「にじいろのさかな まいごになる」

nijiironosakana.jpg にじいろのさかな まいごになる

作:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
価格:¥1,890

「にじいろのさかな」シリーズの第5話。
とにかく綺麗な絵本揺れるハート
キラキラぴかぴか(新しい)したものが大好きな娘は
やっぱりこの表紙に惹かれるだろうなぁ・・

ページをめくるたびに“にじうお”の背びれや
うろこの銀色がキラキラぴかぴか(新しい)光ります。

あらしが近づいているのに
にじうおは、もうすこしと
きれいなあおいこいしを集めいています。
最後のひとつをひろった丁度そのとき
おおきな波に飲み込まれてしまいました。
仲間とはぐれてしまったにじうおは
出会った魚や貝の助けをかりて
にじうおのむれを探します。


お話や絵はとても素敵なんですが
ちょっと読みにくいなぁと思ったのは、
改行の位置。
「。」のあとに文章が続き、一文の途中で改行されています。
なんだか、つめて文を入れた感じがしてしまいました。
あと「、」ではなく、「,」を使っているところも
なんとなく違和感でしたたらーっ(汗)

それとも子どもが自分で読むようになると
読みやすいようになっているのかなぁ・・・
posted by 萌ぴょん at 13:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵
Excerpt: 「生きて死ぬこと」とはどういうことか。生きている意味は何なのかをやさしい文章で語ってくれています。年老いたアナグマがみんなに伝え残していったいろんなことが、アナグマの死を悲しむ友達をその悲しみから救っ..
Weblog: みくのblog
Tracked: 2007-10-04 06:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。