2005年09月24日

「たくさんのお月さま」

takusannootsukisama.jpg たくさんのお月さま
文:ジェームズ・サーバー
絵:ルイス・スロボドキン
訳:中川 千尋
出版社:徳間書店
価格:¥1,680

以前、海五郎さんのblog「わくわく本」で紹介されていた
この「たくさんのお月さま」
やっと読むことができました。

お月さまが、ほしいな」と言うレノア姫。
お月さまをもらったら、きっと元気になると思うの
というあたりは、なんともかわいらしいお姫様という感じですが、
問題は、家来を呼びつけ、お月さまを取ってこさせようとする
王様の親バカぶりexclamation×2です。

いろいろ理屈をこねて、ムリだと言い張る
大臣や魔法使いや数学者たち。

そんな大人たちに比べて、
そんなこと、なんでもないわよ。おばかさんね
と言い放つお姫様の爽快なこと。

日ごろ、あたりまえだと、そうあるべきだと
思ってしまっていたことが、
小さなお姫様の言葉でみごとに覆されたようで
とっても愉快な気分になれる絵本でした黒ハート
posted by 萌ぴょん at 13:02| Comment(6) | TrackBack(2) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
TB、ありがとうございました。こちらからも送らせていただきました。
レア姫の柔軟な発想。冗談ではなく、彼女はぼくの人生の師です。彼女から学んだ柔軟さがこれまでにどれだけぼくを窮地から救い、どれだけ楽しい企てを思いつかせてくれたことでしょう。
ほんとに出会えて良かったと思える一冊です。
Posted by 海 五郎 at 2005年09月24日 18:47
海 五郎さん、いらっしゃいませ♪
私も、このレノア姫の柔らかさ、芯の強さを娘にも身につけてもらいたいなぁ・・と思います。
私の師は、池波さんの鬼平かなぁ。。。
あの強さとやさしさと潔さに惹かれ、かくありたいと思わせられます。
Posted by 萌ぴょん at 2005年09月24日 20:39
こんにちは!
トラックバックありがとうございました。私もこの絵本が大好きなので、とても嬉しいです。大人たちの常識を根底から見事に覆した胸のすくレノア姫にはもう脱帽ですが、私のお気に入りは風雅な道化師。頭の固くなり始めた大人たちとも、まだやわらかく純粋な子どもたちとも、それらを超越しすべてつつみこんで夜空に静かに輝くお月さまとも、心を通わせることが出来るなんて粋な人だわ〜なんて♪
また遊びに参りますね!
Posted by くどうちえこ at 2005年09月25日 14:01
くどうちえこさま、いらっしゃいませ♪
柔らかさといえば、道化師の方が上かもしれませんね。
金細工師に「あんたは、月をつくったんだよ」なんてあたり確かに粋だわぁ。
読むほどに味の出てくる絵本ですね♪
今江さん訳のものも是非読んでみようと思っています。
Posted by 萌ぴょん at 2005年09月26日 22:36
こんにちわ〜。
こちらのほうに遊びに来ました。
この絵本、初めて知りました。
海さん、オススメの本なのですね?
うわ〜、楽しそう。
よく、いろいろなところで紹介されている絵本がなかなか近くの図書館で見つけられず、ショックなのです。
でも、絶対見つけるぞ〜。
Posted by bamu at 2005年09月30日 07:54
いらっしゃいませ、bamuさま♪
私も図書館でリクエストをかけて取り寄せました。
娘にはちょっと長すぎたのかお姫様の爽快さがまだよく分からないのか、私の方が楽しんでしまった絵本です!
読むほどに味がでるというか・・・
是非読んでみてください♪
Posted by 萌ぴょん at 2005年10月09日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

たくさんのお月さま
Excerpt: たくさんのお月さま ジェームズ・サーバー/文 ルイス・スロボドキン/絵 なかがわ ちひろ/訳  徳間書店  この本はぼくの生涯の愛読書です。ぼくがこの「たくさんのお月さま」という物語とはじ..
Weblog: わくわく本
Tracked: 2005-09-24 18:24

今日の言葉(1/16)
Excerpt: われわれは死ぬまでに、自分が逃れているもの、求めているもの、そしてその理由を知るよう努めるべきだ。ジェームズ・サーバー(いつものwikiじゃ無いけどわかりやすいサイトなので見てあげてください)ニューヨ..
Weblog: 象よ止観感化しようぞ
Tracked: 2007-01-16 12:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。