2005年11月21日

「かしのきホテル」

kashinoki.jpg かしのきホテル
作:久保 喬
絵:駒宮 録郎
出版社:フレーベル館
価格:1,050円

タイトルを見た途端、
懐かしい記憶がよみがえってきました。
子供の頃、とても好きだったお話「かしのきホテル
私が読んでいたのは、確か絵本ではなく童話だったと思います。
数十年の間、手に取ることもなかったこのお話を
どこかで覚えていたのも、このお話の持つ大きな心が、
子供心にインパクトがあったのでしょう。

このホテルは どんなおきゃくも
 くべつをしないで とめますよ


そんなかしのきホテルには、
いろんな虫や鳥達がたくさん泊まっています。
みんなただで泊めてもらっているのです。
それなのに、わがままなお客さんは

ここは あめがもるよ
 すきまかぜもはいるよ


小言を言ったり、
汚い身なりの鳥や虫がくると
きれいな鳥達がいやがります。

そしてみんな新しく出来た
「かばのきホテル」や「もみじホテル」へ
引っ越していきます。

結局は、みんな戻ってくることになります。
悪口を言ったことなど無かったことのように・・

でも、何一つ文句を言わず
暖かく受け入れる「かしのき」の大きな広い気持ちが、
対照的にとても心に残ります揺れるハート

その時その時で、どちらの立場にもなりえると思います。
いつも大きな気持ちを持っていられたらと
改めて自分を振り返りました。
posted by 萌ぴょん at 09:16| Comment(26) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

「ともだち」

tomo.jpg ともだち
文:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:玉川大学出版部
価格:¥1,260

ともだちって かぜがうつっても
 へいきだって いってくれるひと

 ともだちって いっしょに かえりたくなるひと

 ともだちって おとうさんや おかあさんにも
 いえないことを そうだんできるひと


とってもシンプルに
とっても大切なことを
語りかけてくれる絵本です。

娘もお友達が大好き黒ハート
どこかへ出かけるにも
お友達を誘いたがります。

しかられた ともだちは どんなきもちかな
 なかまはずれに されたら どんなきもちかな
 しっぱいを わらわれたら どんなきもちかな
 ないしょばなしを されたら どんなきもちかな


こんなふうに人の気持ちを考えられる人に
なってほしいなかわいい
posted by 萌ぴょん at 09:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

「わたしはみるく」

miil.jpg わたしはみるく
さく・え:まつもと りょう
出版社:パレード
価格:¥882

以前、ネットからの絵本で紹介させていただいた
わたしはみるく」が出版されて
手元にやってまいりました。

これが最近の娘の大のお気に入りハートたち(複数ハート)

あなたのおなまえ なぁに?」のところで
毎回自分の名前を言うんです。

「わたしの名前は誰がつけたの?」
と会話をしながら読んでいます。

ゆらんゆらんと うたったら
 ぐらんぐらんと ゆれてきて
 すべっておちて めがさめた


シンプルで音のいい文章なので覚えやすいのか
すっかり暗記してしまい、
ひとりでぬいぐるみに読んであげたりしていますわーい(嬉しい顔)

友人の家の1年生の子にもプレゼントしたら
とっても気に入ってくれて私に読み聞かせをしてくれました♪

色使いもとってもきれいでオススメの絵本でするんるん
posted by 萌ぴょん at 09:47| Comment(2) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

「きみがしらない ひみつの三人」

daremoshiranai.jpg きみがしらない ひみつの三人
作・絵:ヘルメ・ハイネ
訳:天沼 春樹
出版社:徳間書店
価格:¥1,365

おばぁちゃんの家へ泊まりに行くと
いつも読んでもらっていたらしく
気に入って、家に持って帰ってきてしまいました。
とても深いことをとてもシンプルに気づかせてくれる
素敵な絵本です。

きみが うまれた日、
 三人のともだちは やってきた

 アタマはかせは 赤ちゃんぼうしのしたの
 やねうらべやに じんどった。
 ハートおばさんは きみの ひだりむねのへやにすみつき
 ふとっちょの いぶくろおじさんは
 台所で はたらきだした。


やさしくあたたかく、
頭と心と身体の働きについて語りかけてくれます。
そして絵もとってもきれいな色合いで素敵です黒ハート

きみが しんだ日に
 三人は ばらばらになる


という言葉にドキッたらーっ(汗)とするのは
大人だけのようで、
子供はわりとお話として淡々と聞いているようです。

どこが面白い?と娘に聞くと
赤ちゃんがね、おもしろいの

なるほど、
ストーリーというより、三人のともだちが
眠っている赤ちゃんに住みついた絵が気に入ったのですねぇ。。
posted by 萌ぴょん at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

「たくさんのお月さま」

takusannootsukisama.jpg たくさんのお月さま
文:ジェームズ・サーバー
絵:ルイス・スロボドキン
訳:中川 千尋
出版社:徳間書店
価格:¥1,680

以前、海五郎さんのblog「わくわく本」で紹介されていた
この「たくさんのお月さま」
やっと読むことができました。

お月さまが、ほしいな」と言うレノア姫。
お月さまをもらったら、きっと元気になると思うの
というあたりは、なんともかわいらしいお姫様という感じですが、
問題は、家来を呼びつけ、お月さまを取ってこさせようとする
王様の親バカぶりexclamation×2です。

いろいろ理屈をこねて、ムリだと言い張る
大臣や魔法使いや数学者たち。

そんな大人たちに比べて、
そんなこと、なんでもないわよ。おばかさんね
と言い放つお姫様の爽快なこと。

日ごろ、あたりまえだと、そうあるべきだと
思ってしまっていたことが、
小さなお姫様の言葉でみごとに覆されたようで
とっても愉快な気分になれる絵本でした黒ハート
posted by 萌ぴょん at 13:02| Comment(6) | TrackBack(2) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

「ぼくモンスター」

bokumonsuta.jpg ぼく、モンスター
絵:高畠 純
言葉:越野 民雄
出版社:佼成出版社
価格:¥1,000

不思議で、おかしくて、ヘンなモンスターがいっぱいexclamation×2

柏葉幸子さん&高畠純さんの
児童書のモンスターホテルシリーズも好きで
結構読んでいたのだけど
この本はモンスターの自己紹介本のようで、
とっても楽しいるんるん

娘のお気に入りは、キャバケネコ

じぶんじゃ うつくしいかおと
 おもっているのだけれど、
 ひとは こわがるの。
 くちが大きすぎるからかしらね。
 それとも、めをひらいて
 わらったまま ねむるからかしらね。


「オドランカー」や「バフーンボウズ」なんて
ネーミングも魅力的です。

ぼく、コモリモドキ
 ないてばかりいるこの そばにいって、
 やさしいことばと おんがくで
 そっとくるんでやるんだよ。
 そして、そのこがねむりこんだら
 しめしめと、さらってきちゃうんだ。
 やさしいことが とっても こわい、
 そういうことって あるんだよ。


なんかちょっと深いです!
ほんとにオススメの絵本ですわーい(嬉しい顔)
 
posted by 萌ぴょん at 09:20| Comment(6) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

「にじいろのさかな まいごになる」

nijiironosakana.jpg にじいろのさかな まいごになる

作:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
価格:¥1,890

「にじいろのさかな」シリーズの第5話。
とにかく綺麗な絵本揺れるハート
キラキラぴかぴか(新しい)したものが大好きな娘は
やっぱりこの表紙に惹かれるだろうなぁ・・

ページをめくるたびに“にじうお”の背びれや
うろこの銀色がキラキラぴかぴか(新しい)光ります。

あらしが近づいているのに
にじうおは、もうすこしと
きれいなあおいこいしを集めいています。
最後のひとつをひろった丁度そのとき
おおきな波に飲み込まれてしまいました。
仲間とはぐれてしまったにじうおは
出会った魚や貝の助けをかりて
にじうおのむれを探します。


お話や絵はとても素敵なんですが
ちょっと読みにくいなぁと思ったのは、
改行の位置。
「。」のあとに文章が続き、一文の途中で改行されています。
なんだか、つめて文を入れた感じがしてしまいました。
あと「、」ではなく、「,」を使っているところも
なんとなく違和感でしたたらーっ(汗)

それとも子どもが自分で読むようになると
読みやすいようになっているのかなぁ・・・
posted by 萌ぴょん at 13:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

「月のみはりばん」

tsukinomihariban.jpg 月のみはりばん
作:とりごえ まり
出版社:偕成社
価格:¥1,030

またまたおつきさまの本ですexclamation
図書館へ行くと、必ずといっていいほど“おつきさま満月”の絵本を選ぶのは
ウチの娘だけでしょうか・・・exclamation&question

「おひさまは、そろそろうちへ
 かえろうと しています。
 きょうはまんまるのお月さまを
 そらに うかべなければなりません。
 月のみはりばんたちは、
 これから そのしたくに
 おおいそがしです。」


まんまるになる日なのに
まだ少し欠けているお月さまに
月のみはりばんたちは、
好物のめだまやきをたくさん食べさせます。

満月の夜が過ぎると
今度はダイエットですあせあせ(飛び散る汗)
ご飯はめだまやきを1個だけ。

たまごの黄身が苦手な娘は
おつきさまもたいへんだねぇ・・
とひとこと・・・

本当に大変なのはみはりばんの人たちなんだけどなぁ
と思いながら、
満月満月のようにまるまるした娘の顔を見る母でした・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 萌ぴょん at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

「つきよ」

tsukiyo.jpg つきよ
作:長 新太
出版社:教育画劇
価格:¥1,200

長新太さんの絵本の中で
私のお気に入りのトップ5に入るお話です。

「つきが すべって おりてきたので、
 ぼくは びっくりして
 おなかを りょうてで きゅうっと
 つかんでしまいました。」


普通びっくりすると、胸を押さえたりしませんか?
なんだか、おなかをきゅうっとつかむって
すごく新鮮で、だけど判る気がして
妙に感心してしまったのですひらめき
やっぱり長新太さんはスゴかった!

森の奥の池で、
おつきさま三日月は時々こうやって
船になったり、橋になったり、
泳いだり、魚釣りをしたり
実はそんなこともしてるんじゃないかと
思ったりしてしまいまするんるん

おとといの夜は、本当にくっきりした
綺麗な満月満月でした。
盆踊りの帰りに、娘とゆっくり見入ってしまいました。

「こんな日は、森の奥に行って
 ゆっくりは出来ないねぇ・・」と言うと
「この後、池にお風呂いい気分(温泉)に入りにいくんじゃないの!
 疲れちゃって!」

うーん・・・なるほど・・・
幻想的なのか・・・現実的なのか・・・たらーっ(汗)
posted by 萌ぴょん at 12:15| Comment(2) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

「ステラもりへいく」

suteramorie.jpg ステラもりへいく
作:メアリー=ルイーズ・ゲイ
訳:江國 香織
出版社:光村教育図書
価格:¥1,470

真っ赤な髪のステラと黄色い髪のサム

「ステラ!ステラ!どこにいるの?」
「ここよ」
「どこ?みえないよ」
「だって、いま みえなくなる
 れんしゅうを しているところだもの」


書き出しから、ステラに魅了されます黒ハート

「いわは どうやって こんなに おおきくなったの?」
「おおおとこが まいにち みずを やって そだてたのよ。」


なんて自由で、なんて奔放ぴかぴか(新しい)
妖精を探しに行かれる森は近くにないけれど
どこかこんな風に心の自由を持った子どもに
育ってほしいなぁ・・
posted by 萌ぴょん at 15:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

「うたうしじみ」

utaushijimi.jpg うたうしじみ
作・絵:児島なおみ
出版社:偕成社
価格:¥1,050

しじみの絵本ってめずらしいなぁ・・と思い
図書館で借りてきました。
これが、とてもかわいくてやさしくて素敵な絵本です黒ハート

「ある日、魔法使いは、夕食に食べようと
 しじみをかってきました。
 夕食のしたくをしていると
 しじみたちが、プチプチと
 いびきをかいてねています。
 そしてときどき小さなからだを
 満足そうに動かしています。」


そして魔法使いは、ぐつぐつ煮えたぎったダシの中に
しじみを入れてしまうことが出来なくなってしまいます。
そして同居猫のトラジに
「こんばんもまた、実なしのみそ汁じゃ」
舌打ちされてしまうのです。

そうか・・あのプチプチはいびきだったのねexclamation
そして時々カタッと動いたりするのは
そーいえば満足そうで安心しきっているよう。。

娘としじみの歌を「プチプチ プッチプチ・・」と歌いながら
繰り返し読んでいます。

児島なおみさんは、児童書で私の大好きな柏葉幸子さん作
大おばさんの不思議なレシピで挿絵を描かれていて
とてもやわらかで丁寧に描かれた絵が素敵でした。

posted by 萌ぴょん at 10:39| Comment(4) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

「えほん北緯36度線」

hokui36.jpg えほん北緯36度線
作・絵:小林 豊
出版社:ポプラ社
価格:¥1,365

「東京から地球をまっすぐ西へ
 ぼくたちは大きな鳥にみちびかれ、
 北緯36度線上にくらすひとびとに
 会う旅にでる。
 ふたりと1ぴきの幻想の旅。」


東京を出発するのは、19:30
海を越えて、中国へ入り、
砂漠を通過し
あの「せかいいちうつくしいぼくの村」のパグマンの村へ、
そして、つりばしを渡って、東と西が出会う海へ。
太陽は真上に輝いています。

「きっと 大きな鳥は しっているのだ。
 にんげんが、じめんに 線をひき、
 その線を、なんども ひきなおすことを。
 その線をこえて 生きることの、よろこびを。」


東京から西へ、ジブラルタル海峡まで
絵本を旅して、国やそこに住む普通の人々に
思いを馳せるひと時になりました。

娘には、時差や国境の意味を理解するのは
まだまだ難しいでしょうが、
今この時に違う国では、夜中だったり、お昼だったり
そしてそこには自分と同じように
日々暮らす人たちがいる、
そんな何かを感じてくれればいいなぁと思います。
posted by 萌ぴょん at 17:30| Comment(4) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

「オスカーとフー」

osuka-tofu.jpg オスカーとフー
文:テオ
絵:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
訳:さくま ゆみこ
出版社:評論社
価格:¥1,365

あったかい表紙に惹かれて
図書館で借りてきました。

窓辺に座って夢を見るのが大好きな男の子のオスカー
ひとりぼっちの雲のフー
あたたかい友情の物語。

おとうさんとおかあさんとはぐれてしまったオスカーに
雲のフーは、日中は日陰をつくってくれたり
空から探してくれます。
夜は、怖がるオスカーに
おかしな形に変身して、笑わせてくれます。
オスカーと一緒にお話したり、泣いてくれたり
とても心温まる絵本ですハートたち(複数ハート)

こんなふわふわのお友達がほしいと
娘もうらやましそう・・黒ハート
posted by 萌ぴょん at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

「ぶたのたね」

butanotane.jpg ぶたのたね

作:佐々木 マキ
出版社:絵本館
価格:¥1,260

村上春樹さんとのコラボでも有名な佐々木マキさんの絵本。

ぶたよりも走るのが遅いおおかみは、
一度でいいからぶたを捕まえて
丸焼きにして食べてみたい。
そんなある日、おおかみは
きつねはかせから“ぶたのたね”をもらった。


なんて楽しい発想るんるん
大きな木にぶたが鈴なりになっているのは
なかなか楽しい絵です。
割りと現実的なことばかり言いはじめた娘ですが、
これには大喜びわーい(嬉しい顔)
さて、おおかみは念願叶って
ぶたの丸焼きが食べられるでしょうかexclamation&question

こどもにとっては
ぶたが食べられたほうがいいのか
食べられないほうがいいのか
微妙ではありますが、
“ぶたのたね”をうめて、くすりをかけている
健気なおおかみに
「いつかはきっと!」とちょっと応援したくなるお話でした。手(チョキ)
posted by 萌ぴょん at 09:46| Comment(10) | TrackBack(3) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

「ゆきをかぞえるサイモン」

saimon.jpg ゆきをかぞえるサイモン
作者:ギリス・ティボ
訳者:嶋田 宏一
出版社:好学社
定価:¥1,200

なんとも素敵な絵とサイモンという名前に惹かれて
(ダンナ様が昔サイモン&ガーファンクルのファンでしたexclamation&question)買った絵本です。

「いちばんめの ゆきが
 ふりはじめたら、
 とびだしていって
 ひらひらふるゆき
 かぞえるんだ」


カナダのイラストレーターであるギリス・ティボさんの
このふわぁんとした絵は「エアブラシ技法」というので描かれているらしく
とても幻想的で魅力的黒ハート

でも、娘にはいまひとつのようで、
どうも「読んで!」の再リクエストがかかりません・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 萌ぴょん at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

「おばけだぞぉー!」

obakedazo.jpg おばけだぞぉー!
作:ジャック・デュケノワ
訳:大澤 晶
出版社:ほるぷ出版
価格:945円

表紙のシンプルな愛嬌のあるおばけにに惹かれて、
買ってしまいました。

ストーリーは主人公のおばけのパコーム
自己紹介みたいなもので、
小さい子供向けかな。
でも
シリーズで集めたくなってしまうかわいさがあります。
このキャラは、娘がというより、
私がかなり気に入ってしまいました黒ハート

「おばけパーティ」
「おばけ、ネス湖へいく」
「おばけの地下室たんけん」

結構たくさん出ているのです。

最後にしかけのオマケ付き
posted by 萌ぴょん at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

「ゼルダのママはすごい魔女」

zerudanomama.jpg ゼルダのママはすごい魔女
作:ミッシェル・ヴァン・ゼブラン
訳:金原 瑞人
出版社:小峰書店
価格:1,470円

ゼルダのママは すごいまじょ
 とてもたのしい まいにちだけど
 なやみのたねは むすめのゼルダ
 ゼルダときたら いたずらばかり
 おかげでみんな めいわくばかり


となかなかいいテンポの文が続きます。
でも、ゼルダの作った料理のメニューが

トンボめだま カエルのぬるぬる あえ
ミミズのパテ ウシのふんのピュレー かけ
むしの あしと けの サラダ ウジムシのおしっこ ドレッシング

なんてとんでもないものばかり!
やだ〜!」とか「げぇ〜!」とか言いながら
結構娘と楽しく読みました。
でも、ムシ嫌いの娘には
メニューのインパクトが強かったのか
「また読む?」と言っても、
「きもちわるいからいい・・・」と拒否・・・もうやだ〜(悲しい顔)

最後にゼルダのいたずらオチもついていて
結構おもしろい本だと思うんだけどなぁ。。。
楽しんでいたのは私だけだったのexclamation&question
posted by 萌ぴょん at 09:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

「めだかのねがね」

medakanomegane.jpg めだかのめがね
著者:多田ヒロシ
出版社:こぐま社
価格:¥1,103

とぼけためだかの表紙がなんとも楽しい。
似た音の言葉で展開していく、言葉遊びの絵本です。

「でんでん むしむし
 でんわを かけた
 むしむし むしむし
 いくら かけても
 でんでん でんわ」


これはダジャレexclamation&question
子供は、意味はわからないながらも
音の楽しさは感じているようです。
読んでてクスッと笑ってしまう私の顔を
ちょっと不思議そうに見ながらも
一緒にニコニコしていまするんるん
posted by 萌ぴょん at 09:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

「まじょのケーキ」

majonokeki.jpg まじょのケーキ
作者:たむら しげる
出版社:あかね書房
価格:¥1,260

最近、「魔女の宅急便」にはまり、魔女に興味を持ち始めた娘が
絵本専門店「トムズボックス」で選んだ1冊です。

魔女の女の子ポルカちゃんが、お誕生日のケーキづくりに必要な
ほしのみ」という木の実を「はてなの森」に取りに行くお話しです。

ポルカちゃんがきのこと一緒にくるくる踊って
目を回すところが、娘のお気に入りるんるん
木々の間にも色々な動物や不思議なものが隠れていたりして
繰り返し読むとその度発見があって面白いです。

裏表紙でストーリーが完結するのはちょっとめずらしいexclamation&question
ほのぼのとしたやさしい絵本です。
posted by 萌ぴょん at 09:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

「ぼくとくまさん」

bokutokumasan.jpg ぼくとくまさん
作:ユリ・シュルヴィッツ
訳:さくま ゆみこ
出版社:あすなろ書房
定価:¥1,260

またまたお月さま三日月の表紙に魅せられて
娘が図書館で選んできました。
細いペンで描いたような繊細な絵は、
細部にもこだわりながら、とてもシンプルで魅力的です黒ハート

ちいさな いえが あります」という書き出しに、
挿絵を見て「おおきいよ〜」と思わず叫んだ娘は
やはり日本の住宅事情に育ったこどもだ・・と思わずには・・・もうやだ〜(悲しい顔)
確かに山の上の一軒家は、日本では、とても「ちいさないえ」とは言えないかも・・・

ぼくたち、いつまでも ずっと
 なかよしの ともだちだからね。
 おやすみ くまさん

読み終わると、自分のくまさんを探しに行った娘でしたわーい(嬉しい顔)
posted by 萌ぴょん at 12:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。