2005年06月23日

新・旧「ちびくろさんぼ」

sanbo1.jpg ちびくろさんぼ
文:ヘレン・バンナーマン
絵:フランク・ドビアス
訳:光吉 夏弥
出版社:瑞雲舎
価格:¥1,050

今年に入って、「ちびくろ・さんぼ」の復刊が話題になり、
そういえば私が小さいときに読んでもらった「ちびくろさんぼ」はどこへ?
と実家を家捜し(?)したところ、床下収納庫から岩波のボロボロになった「ちびくろさんぼ」が見つかりました。

昭和49年発行の第25刷で当時の値段は¥250exclamation
久しぶりに読み返すと、なんと「ちびくろ・さんぼ2」というお話も後半に入っています!
突然、ふたごの弟「ちびくろ・うーふ」と「ちびくろ・むーふ」の出現です!
そして最後はやはりみんなでホットケーキレストランを食べるのですが・・・
全く記憶にないぞ・・・がく〜(落胆した顔)

「ちびくろ・さんぼ」の復刊はもとより、
この絵本に対する考え方には色々な意見があるようです。
人種差別問題により廃刊においこまれた経緯の是非についてや
40を超えると言われる日本版ちびくろさんぼは海賊版というべきでは?
など、話題にされることの多い絵本です。
それだけ広く長く親しまれた絵本の宿命なのかもしれません。
それに、この絵本に対する思いが深い人が多いからこそ
こんな論議を呼ぶのでしょうね。

我が家には3冊の「ちびくろ・さんぼ」があって
あとの1冊は、径書房の「ちびくろさんぼのおはなし」です。
これは、文・絵ともヘレン・バナーマン作となっていて、
原作をそのまま翻訳したものと聞いています。
でも、こどもにはあまり喜んでもらえなかった・・・もうやだ〜(悲しい顔)
読んでいても、言葉の繰り返しのタイミングやリズムが、
どうもしっくりこない気がしました。

私は、日本語の持つ言葉の音やリズムがとても好きです。
多少違訳になってしまったとしても、
原書を損なうものでなければ(この辺の判断は難しいでしょうが・・)
楽しく親しみを持って読めることが、
こどもにとってはいいのでは?と考えています。
そうしてこども時代に興味を持ったことが、大人になってから
その背景や本当のものを考えようという気持ちに繋がるのでは?
そんな風に考えて、昨日も復刻版の「ちびくろ・さんぼ」を読みました。

ところで、岩波版では、さんぼは196枚ホットケーキを食べたとありますが、
瑞雲舎のさんぼは、169枚食べたと変わっています。
なぜ? 食べすぎは良くないから?
(169枚でも食べすぎだよーー)
sannbo2.jpg

追記)私が子供の頃大好きだった「ちびくろさんぼ」の絵本は
   「ちびくろさんぼは くろんぼです。
   ちいさなかわいい こどもです。」
   という書き出しのものでした。
   自分なりにかなり探しましたが、どうしても見つかりませんもうやだ〜(悲しい顔)
   誰かご存知の方いたらおしえてくださ〜い黒ハート
posted by 萌ぴょん at 10:34| Comment(11) | TrackBack(7) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

「んぐまーま」

ngumama.jpg んぐまーま
文:谷川 俊太郎
絵:大竹 伸朗
出版社:クレヨンハウス
価格:¥1,050

あっ!谷川さんの絵本だ!とういことで図書館で借りてきました。

うやむやむ なむばなならむ
 ほしくのしく りしくみしく てしくにゅく


んん?これは呪文??
舌をかみそうなほど、読みづらい・・・

みょぷらぬ のに?
 んぐ・・
 んぽか んぽき んぽく んぽけ んぽこ


んん?ちょっと面白いかも・・・
最初なんだぁ?というカンジだった娘も
この辺で、ちょっと楽しくなってきたかんじグッド(上向き矢印)

でもその後、リピートがかからないので、
いまいちだったのかなぁと思っていたところ
昨夜、甘えて赤ちゃん返りして、ひざの上に乗ってきたと思うと、
んぐまーま!んぐまーま!」と叫ぶではありませんかexclamation&question
1回しか読んでいないのに・・・
かなりのインパクトだったのかexclamation 谷川さんの言葉の魅力exclamation
やっぱり谷川さんの本は不思議ですわーい(嬉しい顔)
posted by 萌ぴょん at 10:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

「ぞうのこどもがみたゆめ」

zounoko.gif ぞうのこどもがみたゆめ
作:志茂田 景樹
絵:柴崎 るり子
出版社:KIBA BOOK 志茂田 景樹事務所
価格:¥1,300

あの志茂田景樹さんが、絵本を書いているということは、聞いたことがあったのですが、
見つけてしまいました!

お父さんを亡くしたぞうのこどもは
甘えん坊でいつも泣いてばかり。
お母さんはなんとか勇気と夢をもたせたいと思います。


ちょっと悲しい場面もあって
娘は、「かわいそうでヤダー」と言いながらも
最後まで聞いていました。
おかあさんが「ぷるぷるぷるぷるぷる・・・・・」と鳴くところは
ちょっとビビッていました。(景樹さんの声ですふらふら

WEB絵本として、志茂田景樹さん本人が読み聞かせをしています。
各地で講演もされているそうです。
あのファッションのままでexclamation
還暦を迎えて何かあったのでしょうか・・・exclamation&question (失礼たらーっ(汗)

ちょっと疲れて今日は読めない・・・という時には、
こういうのを見せるのもいいかなぁと思いました。
posted by 萌ぴょん at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

「ねないこ だれだ」

nenaikodareda.jpg ねないこ だれだ
作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店
定価:¥630

保育園で何度も読んでもらった定番の絵本です。

「よなかに あそぶこは おばけに おなり
 おばけの せかいへ とんでいけ
 おばけに なって とんでいけ」


保育園では毎日お昼寝の時間があります。
でも年長さん近くなってくると、体力がついてきてなかなか寝ません。
そんな時に、先生たちに「寝ない子は、おばけになるぞー」
っておどかされるみたいです♪
娘も大のお昼寝嫌いexclamation
きっとよく言われてるんだろうなぁダッシュ(走り出すさま)

次項有おまけ
1748さんのblogで見つけたねないこだれだのバリエーションどんっ(衝撃)
良い子は見ないでねわーい(嬉しい顔)
posted by 萌ぴょん at 09:35| Comment(6) | TrackBack(3) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

「わたしのワンピース」

watashinowanpisu.jpg わたしのワンピース
絵・文:にしまき かやこ
出版社:こぐま社
価格¥1,155

お花畑にいくとお花のもように
雨が降ると水玉
鳥がとまるとのもように
くるくる変わるわたしのワンピース黒ハート

ミシン カタカタ
ラララン ロロロン
と言葉の音もかわいくて、娘の大好きな絵本でするんるん

保育園でこの本の読み聞かせを見学した時
わたしに にあうかかしら」と先生が読むと
こどもたちがみんなで「にあう〜!」と大きな声で返したのを見て
気持ちがあったかくなりました揺れるハート

この本の初版は、1969年。
手元にあるのは、2003年発行のものですが、なんと第128版exclamation×2
普通の書籍では、ちょっと考えられないですよね〜。
絵本って、本当にながーくながーく愛されるものなんですねハートたち(複数ハート)
posted by 萌ぴょん at 12:26| Comment(5) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

「おじいちゃんの木」

ojiichanoki.jpg おじいちゃんの木
文:内田 鱗太郎
絵:村上 康成
出版社:佼成出版社
価格:¥1,365

昨年の日本絵本賞読者賞の候補になった絵本です。

こざるの モンちゃんは
 じてんしゃを こいでいきます
 きこりん きこりん
 うたをうたいながら


♪おじいちゃんの
  おじいちゃんの
  おじいちゃんに
  あいに いくんだよ♪


すると みんなに からかわれます

おじいちゃんの
 おじいちゃんの
 おじいちゃんなんて、いないもーん
 そんなに ながいき しないもーん


時には関西弁でexclamation

おじいちゃんなんて おらへんで
 そんなに ながいき せえへんで


この絵本の意味「命のつながり」は、こどもにはまだ分からないかもしれません。
でも、じぃじのことが大好きな娘が、
この本を好きなのは、
きっと何か大切なもの揺れるハートを感じるんじゃないかなぁなんて
勝手に解釈しちゃってますわーい(嬉しい顔)

ママが勝手に歌う「♪おじいちゃんのぉ〜♪」って妙なフシの歌が好きなだけだったら
どうしよう・・・がく〜(落胆した顔)
posted by 萌ぴょん at 09:25| Comment(5) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

「お月さまってどんなあじ?」

otsukisamattedonnnaaji.jpg お月さまってどんなあじ?
絵・文:ミヒャエル・グレイニェク
訳:いずみ ちほこ
出版社:セーラー出版
価格:¥1,545

これも大好きなおつきさま満月シリーズのひとつでするんるん
まず、絵の質感が素敵です。
表紙のおつきさまの絵に惹かれます。
お話もあたたかくて、何ともやさしい気持ちになれるいい絵本です。

動物達がどんどん上に重なって高くなっていくたびに
お月さま満月がひょいっと上へ逃げたりするものなんだか楽しいひらめき
ネズミくんが「パリッ!」とお月さまをかじったシーンには、
いいなぁ〜」と思いっきりうらやましそうな娘でするんるん
posted by 萌ぴょん at 15:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

「ちいさなさかなピピ」

pipi.jpg ちいさなさかなピピ
作:ジョス・ゴフィン
文:乙武 洋匡
出版社:講談社
価格:¥1,545

乙武くんが絵本の翻訳をやっていたなんて全く知らなかった!
五体不満足」以来、彼の本を手にしました。

ぼくの 名まえは 「ピピ」
おうちは、まあるい 金魚ばち
およいで。ねむって。
およいで。ねむって。
いつも、その くりかえし。


と始まるこの絵本は、金魚ばちを飛び出した金魚が
外の世界を回って、またおうちに戻ってくるお話。

娘も、そのうち、おんなじように外の世界をいろいろ見ることで
やっぱりおうちもいいなぁなんて思ってくれるかなぁ・・・
なんて、先のことを勝手に考えてしまう母でしたわーい(嬉しい顔)
posted by 萌ぴょん at 09:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

「ようちえんにいった あまがえる」

amagaeru.jpg ようちえんにいった あまがえる
作:ひぐち みちこ
出版社:こぐま社
価格:¥1,155

幼稚園へ行く途中の原っぱで、ともちゃんがあまがえるを見つけます。
箱に入れられたあまがえるは、ようちえんバスの中で、幼稚園で
箱から飛び出し、ぴょんぴょん飛び回り、みんな大騒ぎどんっ(衝撃)

「かえるは にげる ピョンと にげる」
「こどもは ソレッと おいかける」

かえるのぴょんたとかわいい幼稚園児の絵本。
最後にみんなで「大きな古時計」を歌うところで
「ひゃくねん いつも うごいていた クワッ
 ごじまんの とけいさ クワッ クワッ」

が特にお気に入りで、一緒に歌っていまするんるん
そこだけ何度かリピート、リピート・・・ もういいよぉ・・・あせあせ(飛び散る汗)
posted by 萌ぴょん at 09:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

「おつきさま」

otsukisama.jpg おつきさま
作:やすい すえこ
絵:葉 祥明
出版社:フレーベル館
価格:¥1,050

おつきさま満月好きの娘に好評な絵本です。
やさしいストーリーに幻想的な絵がとても素敵で、
ページを開いて飾っておきたいくらい本
おつきさまやや欠け月を見ていると大人でもなんとなくやさしい気持ちになれたり
願いをかけてみたくなったり・・・。

イラストはあまりにも有名な葉祥明さんですが、
北鎌倉にある葉祥明美術館は、素敵な洋館で、葉祥明グッズがいっぱい揺れるハート
見ているだけも、あたたかくやさしい気持ちになれます。

保育園の帰り道に、自転車の後ろに乗った娘は
「おつきさまきれいだね〜満月
「今、うさぎさんが見えたよやや欠け月
「今日はバナナの形だね三日月
とよくおつきさまの事を話しています夜
posted by 萌ぴょん at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

「きんぎょが にげた」

kingyoganigeta.jpg きんぎょが にげた
作:五味 太郎
出版社:福音館書店
価格:¥780

たくさんの人が“はじめての一冊”に選んでいるように
本当にいい絵本だと思います。
きんぎょの表情がいい、色がいい、展開がいいハートたち(複数ハート)
娘も各ページのきんぎょ探しが大好きです。
想像力のない私は、なんでこんなこと思いつくの〜!
と五味さんの絵にまたあらためて感動してしまうのですわーい(嬉しい顔)
posted by 萌ぴょん at 09:45| Comment(11) | TrackBack(3) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

「みんな うんち」

minnauchi.jpg みんなうんち
作:五味太郎
出版社:福音館書店
価格:¥880

開き直って読むしかありません。
「おおきいぞうは おおきいうんち」
「ちいさいねずみは ちいさいうんち」
「さかなも うんち」
「とりも うんち」
「むしも うんち」
とにかく「うんち」のオンパレードexclamation×2

子供が出来るまで、ほとんど言わない言葉だったような気がします・・・あせあせ(飛び散る汗)
五味さ〜ん、カンベンしてくださ〜いどんっ(衝撃)

だけど、子供って本当に「うんち」とかって言葉が大好き。
娘もその例に漏れず、なんだか意味もなく嬉しそうです。
2人以上の子供の前で読むともう大喜びの大騒ぎわーい(嬉しい顔)です。
posted by 萌ぴょん at 10:04| Comment(4) | TrackBack(4) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

「もしも おばあちゃんが」

moshimoobaachan.jpg もしも おばあちゃんが
作・絵:伊東 美貴
出版社:講談社
価格:¥880(昭和60年時点)

「あめの ひって、つまんないなぁ
 えほんは なんかいも よんじゃったし、
 つみきだって、もう あきちゃった。
 おそとには いけないし、
 わたし、なんにも することがない。
 あめの ひって、ほんとに つまらない」

と始まるゆりちゃんと
「おばあちゃんが ちいさかった ころは、
 おもちゃなんて もってなかったけど、
 つまんないなんて おもった こと、
 なかったよ。 ほら、みて ごらん。
 けいとで あやとり、やって みようね。」

というおばあちゃん。

ゆりちゃんは、子供の頃のおばあちゃんと一緒に
おばあちゃんの時代に遊びに行きます。
原っぱでかくれんぼをしたり、山で動物達と遊んだり・・・

絵がとてもあたたかくて、ストーリーもやさしくて、ほのぼのする絵本です。
現在は、残念ながら品切れになってしまっているようです。もうやだ〜(悲しい顔)
(絶版ではないようですが・・)

保育園や児童館でも「昔のあそび」という時間をつくり
お手玉やおはじき、こままわしとかを教えてくれます。
結構夢中になって練習したりしていて、
テレビやゲームができても、こういう遊びはちゃんと子供を
惹きつけるんだなぁとうれしい気持ちになっています揺れるハート
posted by 萌ぴょん at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

「たいせつなきみ」

taisetsunakimi.jpg たいせつなきみclassic
作者:マックス・ルケード
絵:セルジオ・マルティネス
訳者:松波 史子
出版社:いのちのことば社
価格:¥1,050

あまりにも素敵ぴかぴか(新しい)な装丁に思わず買ってしまった絵本です。
子供の絵本というより、大人の絵本本といった方がいいかもしれません。

おまえは、ありのままで、かけがえのない存在なんだよ」という言葉は
最近では使い古されているようにも思いますが、
なんのなんの! この絵本は、琴線にひびきました黒ハート

46頁とちょっと長めなので、娘は途中で飽きちゃうかな・・と思いながら読みましたが
じーぃっと最後まで聞いて「エリはやさしいね。」とちゃんと感想を付けてくれましたわーい(嬉しい顔)
posted by 萌ぴょん at 09:42| Comment(7) | TrackBack(3) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

「ぼくはカメレオン」

kamereon.jpg ぼくはカメレオン
作・絵:たしろ ちさと
出版社:ノルドズッド・ジャパン
定価:¥1,470

ジャングルにすむカメレオンのカルロのとぼけた表情と本の色使いが魅力的で、思わず手にとってしまいました。
カラフルな動物達の行進のページは、本当にきれいで、娘はストーリーより絵に釘付け♪
ちょっとイソップ物語調なニュアンスもあって、素敵な絵本です。
posted by 萌ぴょん at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

「どんどんきいて!ASK ME!」

画像 002.jpg どんどんきいて!ASK ME!
著者:アンティエ・ダム
訳者:石津 ちひろ
出版社:小学館
価格:¥1,500

子どもと一緒に読んで一緒に楽しめる絵本です。
いちばんのなかよしはだあれ?
なんのにおいをかぐのがすき?
へんしんするのだったらなにがいい?
左ページにそんな質問、右側のページに写真や絵が188ページも!
子どもの感性にもビックリするけど、「ママは?」って聞かれて、しばし子どもの心に戻って想像力を働かせてみるのも、ほんとに楽しいですよるんるん
posted by 萌ぴょん at 09:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

「はんたいことば」

hantaikotoba.jpg はんたいことば
絵:ホーリー・マン
出版社:岩崎書店
価格:¥630

本屋さんで娘がこの本を発見して気に入ってしまい、手放さないので買うことにした絵本です。
「ひく」を引くとモノクロの絵がカラー変身
haitai2.jpg

「ひく」を引くと ↓
haitai02.jpg

知育しかけ絵本」とありますが、これは結構単純に楽しいかも揺れるハートと私も一緒に遊んでしまいました。
小さい本なので、お出かけの時も持っていってお友達とも楽しんでます。
これで¥630はお得かもわーい(嬉しい顔)
posted by 萌ぴょん at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

「ノンタン ぶらんこのせて」

nontan.jpg ノンタン ぶらんこのせて
作・絵:大友 康匠・幸子
出版社:偕成社
定価:¥630

ノンタンシリーズの中でも一番のお気に入りがこの本です。
ノンタン ノンタン ぶらんこ のせて
この繰り返しに、言葉の持つリズムや強さを感じます。
それが子供の心をとらえるのでしょうか。何度も何度も読んでもらいたがります。
初版が1976年ですから、もう30年も読まれ続けているのですね。

娘とお風呂いい気分(温泉)に入って、「10数えたら出ようね」というと
1、2、3・・・おまけのおまけのきしゃぽっぽ ぽーっとなったらでましょ ぽっぽっのぽー
と唄ってから出てきます。
posted by 萌ぴょん at 11:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

「まいごになったぞう」

maigoninatta.jpg まいごになったぞう
文:寺村 輝夫
絵:村上 勉
出版社:偕成社
価格:¥1,050

ぞうのあかちゃんが言う「あばば、うぶー」がとっても気に入って、ニコニコしながら、一緒に言っています。
大きくてコワイ動物たちは、ぞうのあかちゃんの無邪気さに「かわいい」と思い食べる気を失くしてしまいます。
困ったライオンの顔も何だかいいですよ。
絵本もかわいいし、「あばば、うぶー」と真似する我娘もかわいい・・・親バカですねexclamation×2
posted by 萌ぴょん at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

「ミッフィーのどうぶつえん」

miffy.jpg ミッフィーのどうぶつえん
著者:ディック・ブルーナ
出版社:講談社
価格:¥368

私が子供の頃は、「うさこちゃん」と読んでいたミッフィー。
親子二代に渡って、読んでいます。
これは、おなじみミッフィーの小型の絵本。
シンプルでほのぼのする表情の動物達がとてもカワイイです。
厚めのボール紙ですから、雑に扱っても大丈夫。
娘は自分のリュックサックに入れて、よく持ち歩いています。
posted by 萌ぴょん at 09:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。