2005年06月01日

「バグダッドのモモ」

momo.jpg バグダッドのモモ
著者:山本 けんぞう
出版社:アンドリュース・プレス
価格:¥1,365

本を読んでこんなに泣いたのは久しぶりです。
猫のモモ猫の目を通して語られる、ちょっと生意気な女の子ももと弟のびびちゃんの家族の物語。
つらくて悲しい物語だけど、たくさんの人に読んでもらいたい物語だと思いました。

正義や使命という名の下に始められた戦争で、本当にささやかに暮らしている家族がバラバラになっていく。今現在も、ももの家族のような人たちが、たくさんたくさん増えているのでしょう。
ナゼ分からないのだろう・・・。ナゼやめられないのだろう・・・。
みんな同じ人間なのに・・・。誰だって死にたくなんてないのに・・・。

 びびちゃん:「なんで戦争するの?」
 猫のモモ: 「にんげんだからさ」
 びびちゃん:「ねこはしないの?」
 猫のモモ: 「ねこは、よけいなことはしない。めんどうはおことわり」


声高に戦争反対を叫ぶものではなく、こんな風にささやかな普通の家族によって、幸せについて、平和について考えさせられました。
かなが振ってあるので、小学生から読めると思います。
posted by 萌ぴょん at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 心に残る本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。